読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖尿病は万病の元日記

糖尿病・高血圧・メタボなど生活習慣病の情報や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

糖尿病と水虫の関係は如何に? たかが「水虫」されど「水虫」

合併症 糖尿病 皮膚科

ある時水虫がなかなか治らないので心配になり、皮膚科に行きました。

足指の間です。

先生曰く「だいぶ進んでいますけど、糖尿病はありませんか」。と聞かれたので「現在治療中です」。と答えた。

以下はドクターの説明です。

「糖尿病とは、主に血液中の血糖値が高い状態にある方をさしています。重度になると、免疫力の低下や頻回に喉の渇きが気になったり、多量の尿が出たり、トイレに行く頻度が増加します。
 
 
糖尿病の主な原因は、膵臓の機能が著しく低下して、血中にインスリンが不足すると血中の糖分のコントロールが困難となり、血糖値が上昇してしまう事があります


糖尿病にかかると、免疫力が低下する点と、手や足先の毛細血管が徐々に破壊され、抹消の循環機能が低下していきます。このため、水虫の白癬菌が付着しても抵抗力が少ない事や皮膚が傷ついた際に抹消の循環が良くないために再生が遅れたり、十分な栄養補給を細胞が行われないため、菌の増殖を許し、水虫にかかる方が増加するのです。
 
糖尿病にかかりますと、水虫の皮膚の侵食に対して、抵抗力や皮膚の再生が追いつきにくく、重症化することが多くなります。
 
 
また、皮膚が剥がれ落ちやすくなるため、周囲の方は衛生面や、水虫に感染しないように対策が必要になります。また、糖尿病による抹消の循環障害があると、皮膚の再生が遅れて、そこから菌が体内に侵入し、重症化しやすいため、早期に治療が必要です。

糖尿病で血管障害が現れやすいのは、太い冠状動脈と末端部分の毛細血管です。特に足は心臓から一番遠い部分ですから、足の毛細血管には異常が起こりやすく改善されにくいんです。水虫から壊疽を起こすこともあります」。

なるほどと思いながら心配になってきました。

「糖尿病の治療と共に、今ならまだ間に合いますから根気よく水虫の治療も続けてください」。と言われ早速薬を貰い治療にあたることを決意したわけです。

水虫も糖尿病が影響しているなんて今初めて知ったところでした。

なんだか考えてみると糖という毒は血液を介して全身に運ばれているわけだから糖尿病は体のあらゆる所に影響を及ぼすものだと実感しました。

今後は体の隅々まで気を配るようにしようと思いました。

たかが「水虫」されど「水虫」です。

私の糖尿病患者としての生活の一例。

家庭生活 食事療法 運動療法 薬餌療法

私の糖尿病患者としての生活の一例。

 

●朝食はパン6枚切り1枚、野菜サラダ小皿に少々、ヨーグルト1個(76g65kcal)、冬ミカンSサイズ1個(季節の果物)、ブラックコーヒー1杯。

糖尿病治療薬として「テネリア錠20mg」を1錠。

 

●昼食は味噌ラーメン。

 

●夕食はご飯180g、さんまの塩焼き、納豆、おひたし、みそ汁。

間食は一切なし。

 

運動療法として毎朝10時に20分間のウォーキング2,500歩。(病み上がりのため控えめに。臨機応変に運動する)

2時ごろラジオ・テレビ体操をワンサークル。

 

お腹はすき気味であるがこれも治療の一環として我慢している。

1,600kcalを基準にして様子を見てみることにする。

外食事やスーパーでの買い物時にはカロリー計算をする。

 

全身麻酔の「親知らず抜歯」大手術は無事成功! この世に無事生還 糖尿病も正常化?

入院時 糖尿病 歯の治療

いよいよ入院となった。

10時に病室に入り、入院の手続きをし、看護婦さんに院内の案内をされる。

6人の相部屋であった。3人すでに患者が寝ていた。それぞれに挨拶をして自分のベットに横になる。

手術は翌朝10時と決まった。

妻に電話して9時までに来るように伝えた。手術などというものは生まれて初めてなので不安でいっぱいである。

 

いよいよ翌朝10時妻が控室で心配そうに見守っている。3時間も待っているのは大変だろうと思った。

この世との別れなのか。ケセラセラ♪~

看護婦さんに案内され一緒に手術室に入る。テレビドラマでよく見る光景である。

手術台に横たわり、説明受ける。マウスピースを銜えさせられ、麻酔注射が始まる。だんだん体が暖かくなり、意識が薄れていく。ス~・・・・・・。

 

やがて、何時間たったのだろうか麻酔の女医さんに起こされる。

「抜歯手術は無事終わりましたよ」。

手術が無事終わったことを担当医と麻酔の女医に告げられる。無事この世に生還できたようだった。よかった~。

思えば一瞬の出来事のように思われた。口元も体も痛くもなんともない。

これで人生最大の危機?は乗り越えられたと思うと気が楽になった。

10時に始まり約13時に病室に戻ったことになる。

妻が「どうだった」というので何ともなかったといい、すぐに帰宅させた。{ご苦労さんと心の中で手を合わせる}

 

昼は過ぎている空腹感を感じていると看護婦さんが昼食を持ってきてくれた。

何もなく単なる「流動食」だった。それでもおいしかった。

この世に戻ってきたお祝いだと思いながら食べた。腕には抗生物質の点滴が刺さっている。スタンド付きなのでトイレにはいつでもいける。しかし不便である。

 

テレビを見る余裕が出てきた。

さあ、これで心配事はなくなった。私の心は晴れ模様♪~。

夕食を看護婦さんが持ってきてくれた。全粥とある。噛まずに飲み込む程度である。

毎日おかゆの生活も悪くはない。胃に負担は来ないし、空腹なのでうまい。

「最高の調味料は空腹である」。

痛みは全くないので「親知らず抜歯手術」は無事成功したのだろうと思われる。

やったね。

食事は1週間おかゆと消化のよさそうなものばかり。暇なので本を読んだり、テレビを見たり、糖尿病があるので院内を散歩したりして過ごした。

看護婦さんは入れ代わり立ち代わり、「お加減はいかがですか」。聞いてくるので「おかげさまでずいぶんいいみたい」。と答える。入院してみて初めて分かることであるが「健康は失われて初めて有難さがわかる」。というのを実感できた。

頬を触ってみると少し腫れている。先生曰く、「だんだん腫れは引いて元に戻りますから安心してください」と言われほっと一安心。

 

 

全く、たかが「親知らず1本の抜歯手術」で全身麻酔、おまけに1週間の入院というおまけつきである。ぷんぷん。

まあ、糖尿病患者だから仕方ないかと一人納得せざるを得ない。

同室の患者も「親知らずの抜歯手術」をしたらしいので聞いてみると「部分麻酔で30分ぐらいでした」。と言い翌日退院していった。他の人も同じらしく次々とめでたく、退院である。

私一人取り残された感じである。

その後術後の経過もいいらしく体の不調は全くなし。

血糖値も100mg/dlを切っていて健康そのものである。「親知らず1本の抜歯手術」の副産物かもしれないが糖尿病は全快かもしれない。糖尿病を歯医者で直したのはうれしい誤算であった。

それで約束通り、1週間で退院の運びとなった。看護婦さんにお礼の言葉をたくさん言った。

 

看護婦さんは天使なり。

これにて「親知らずの抜歯手術」は一件落着!

めでたし、めでたしである。ご清聴ありがとうございました。

 

糖尿病で「親知らず抜歯」は大手術なのだ なぬ~「全身麻酔で3時間」

ようやくグリコヘモグロビン(HbA1c)が7.0%を切り、6.8%になり、
 
「親知らず抜歯手術」を受ける為にいよいよ歯科口腔外科へ乗り込むことになりました。

歯科口腔外科へ行くと「まず検査がありますので、順番に回って検査を受けてください」と体格の良い看護婦さんに言われ受付表をもって各科へ行きました。

血液検査3本、レントゲンで胸部検査、超音波で内臓検査、肺活量測定、血が止まるかどうかの体質検査、その他まるで人間ドックに入った感じです。

歯が1本だけ悪いだけなのに「レントゲンで胸部検査、超音波で内臓検査、肺活量測定」なんていらないと思うけど?{肺活量測定は手術に堪えられる体力かどうかの検査らしい}

これも皆「親知らず抜歯【手術】」の予備検査とのことです。

手術の後で何か起きないかどうかという心配なのでしょうか。

午前中9時から12時ぐらいまでかかりました。

検査の結果説明ではどこにも異常なし。(当たり前だのクラッカーだっちゅうの)

目も正常に見えるし、足も異状なし、小鳩の心臓も動いているし、胃腸も丈夫。

肺は黒くないですか「ハイ」。(単なるおやじギャグ)

糖尿病患者だけれどグリコヘモグロビン(HbA1c)が7.0%を切り、6.8%となり、現在は「健康優良児」なのだ。

 

「明日入院してください」と言われ、書類を数枚渡される。

主なものは手術同意書、入院案内その他です。

なぬ~「入院案内?」「抜歯手術が3時間ほど、1週間程度入院が必要」と言われ、真っ青になる。

 

手術も3時間かかり、親族の付き添いが必要とのこと。

たかが親知らず抜歯手術で3時間・親族の付き添いが必要とはいったいどんな手術なのだろうか。

{俺はスター?で忙しいのだ。3時間も寝てられるか}

 

「親知らずが異常な生え方で、神経を傷つけないようにしないといけない」とドクターがいう。{親知らずはもともと異常な生え方をするものだけど}

おまけに「全身麻酔」と聞いて卒倒しそうだった。部分的に麻酔をすればいいんじゃないの。

今まで過去に虫歯や親知らずを数々抜いてもらったが、30分程で帰宅できたのだ。

全身麻酔なんて聞いたことがない。全身麻酔なんかして後遺症なんかないのだろうか。

果たしてこの世に戻ってこれるのだろうかと心配である。{あの世の煙なんてならないだろうな}

A型のメタボおじさんは心配になってきた。

逆に言うとそれほど困難な抜歯ということになる。

一生親知らずという異物を抱えたまま生活するのも嫌だし、ケセラセラ♪~だ。

いよ明日入院ということになった。

糖尿病で「親知らず抜歯」というのは大事件なのであることよ。

 

グリコヘモグロビン(HbA1c)が10か月後ようやく6.8%になり、親知らず抜歯の準備完了!?

歯の治療 糖尿病 インスリン

さて親知らずの抜歯のために糖尿病の治療として今まで飲んでいた「テネリア錠20mg」に加えてインスリン治療も始めることになりました。

もちろん食事療法と運動療法も欠かせません。

 

インスリン投与は静脈注射かと思いきやメタボバラ投入治療だと聞いて一安心です。更に経過が良ければ中止することも可能とのことでした。

「トレシーバ注 フレックスタッチ 300」は毎日8単位の投与です。

から打ちが2単位ですから都合1日10単位消費します。

 

1週間ほどして再度、歯科口腔外科に行きました。

歯科口腔外科の先生に糖尿病の治療の件を話すと「それではグリコヘモグロビン(HbA1c)が7.0%を切ったらまた来てください。それから手術して抜歯します」。と言われた。 「了解~」

 

いよいよインスリン治療の開始です。「トレシーバ注 フレックスタッチ 300」を毎日欠かさず「チクリ、チクリ」と苦痛の毎日です。

この時病院から気になることを聞かされました。「低血糖になることもありますので必ず持参していてください」と言われ「ブドウ糖錠剤タイプ2.5g×2」を渡された。

 低血糖症状をいろいろ説明を受けたがなんだか不安になってきた。

糖尿病というのは厄介な病気であることよ。

 

1週間ぐらいでグリコヘモグロビン(HbA1c)が7.0%を切るのかと思いきや

血糖値はすぐに下がるのですがグリコヘモグロビン(HbA1c)の値はなかなか下がらずにとうとう10か月が過ぎました。

 

そしてようやくグリコヘモグロビン(HbA1c)が7.0%を切り、6.8%になりました。

やったね。

 

今度こそ不安を残した「親知らず抜歯手術」を受ける為にいよいよ歯科口腔外科へ乗り込むことと成りました。

 

しかし参りました、糖尿病治療もさることながら、たかが親知らずを抜くのに約1年ぐらいかかったことになります。

これからもまだ私の糖尿病との戦いは続くのであろうか。

 

親不知抜歯のため、重症糖尿病患者としてインスリン投与治療を余儀なくされる どうなることやら?

インスリン 歯の治療 糖尿病

先日紹介された大病院の「歯科・口腔外科」に行く決意をした。

待合室は予想通り、患者でいっぱいだった。指示通り、朝の10時に受付をすまし、待つこと1時間余り、ようやく名前が呼ばれ、診察台に座る。小鳩の心臓がドキドキ。

 

患部を脱脂綿で押される。少し痛~い。

男先生曰く「まだやはり、膿と血が出てますね。レントゲンを撮りますね」と言われ別室のレントゲン室に案内された。待つこと30分、ようやくレントゲン室に入った。

さすが町医者と違い何やら近代的なレントゲン室である。

歯の周りを1周する感じでレントゲンを撮り終わり、再び診察室へ行った。

診察室では先生が大きなパソコン連動のモニター画面で歯のレントゲン画像を観察している。世の中進んだものだ。大きなレントゲン写真は現代では不要と見える。

 

「う~む。親知らずが神経のすぐそばに横たわっています。膿疱もできています抜歯して抜きますが、グリコヘモグロビン(HbA1c)の値はいくつですか」。と聞くので「先月測ったので9.8%でした」。「それは高いですね。今痛くありませんか。抜歯の手術をするには7.0%を切らないことにはできません。かかりつけの先生と相談して来週また来てください。」。と言われる。

「痛みはありません。わかりました糖尿病の先生と相談してきます」。と言って大病院を後にした。

手術~!大変なことになってきたぞ。

今まで虫歯や親知らずを何本も抜いてきたけど、抗生物質と痛み止めを貰って次の日には普通に会社に行ってきたというのに。

参ったマイッタ~。

 

午後にかかりつけの内科の医者の所へ行き内容を話した。

内科の先生曰く「それでは今までの薬にインスリンを足しましょう。やり方は看護婦があちらで説明します。7%を切るまで頑張ってください」。と言われる。

別室で看護婦さんの説明を受ける。

【いよいよ俺も重症糖尿病患者になったかと思うと情けなくなった。

腕をゴムで縛り、自分で血管に毎日「ブチュツ」と注射針を打たなければならないのか。大変なことになってきたものだ】。

 

ところが看護婦さんが持ってきたのは何やら太いマジックペンのようなものだった。

聞くところによると「トレシーバ注 フレックスタッチ 300」というものらしい。

まず任意のメタボの腹部をアルコールで消毒し、注射針を取り付け、腹に突き刺すというのだ。

「痛いでしょうね」。とビヤダル風の看護婦さんに聞くと「いいえ痛くないんですよ。蚊が刺す程度なんです。こうやって1日1回、寝る前に打ってください」。と見よう見まねで教わった。

{蚊が刺す程度だと、そんな訳ないだろう。針は紙でできているわけではなく、金属で細く痛そうにとがっている。寝る前というと、楽しい、いい夢を見るために祈りをささげている時間なのに、ブチュツと注射か? HELPヘルプ~}

 

仕方がないな。これも身から出た錆だ。インスリンは1度打ち出すと永遠に続けなければならないような話を聞いたことがあった。どうなることやら?

歯の治療にインスリン? 聞いたことないよな? {何たることか、サンタルチヤ。なんて馬鹿なこと言ってる場合ではないぞ~}

でもね♪~今回は歯の治療優先だから頑張らなくっちゃと思い、決意を新たにした。

 

 

 

「親知らず」が糖尿病のせいで歯科口腔外科を案内され憂鬱になる 「糖尿病は万病の元?」

糖尿病 歯の治療 合併症

ある日、奥歯がなんとなく違和感があり不安なので行きつけの歯医者に恐る恐る行きました。

歯を磨くと少し血が混じっています。

待合室でドキドキしていると名前が呼ばれ、診察台に座ります。(いやだなあ~。また痛い思いをしなくちゃいけないのか。)

 

問診が終わり、それではレントゲンを撮ってみましようと言われ歯のレントゲンを撮った。

結果は「親知らずです」。と女医先生に言われた。膿疱ができているので先に切開してみますといわれ、いつものように先に麻酔をしてもらう。「ブチュツ」

「しばらく様子を見て、来週また来てください」。と言われ帰宅した。

 

次の週と次の週にもまた歯の治療に行った。

「出血がまだありますね。持病か何かありますか」。と聞くので「強いて言うと、糖尿病を現在治療中です」。と答えた。

 

「それでは歯科・口腔外科の先生をご紹介しますので、そちらへ行ってみてください」。と言われた。「ギクッ~」

「先生、そんなに悪いんですか」。と聞くと「親知らずが神経のすぐそばなのでここで抜歯は難しい。糖尿病のこともありますから」。と言われ、心配になってきた。

先生に「親知らずや虫歯は何本もここで抜いてもらってるんですけど」と伝えるも「親知らずの場所が場所だけにね」。「参ったなぁ。口腔外科なんて何をされるかわからない。」。ウルウル気味になる。

 

糖尿病の治療が歯の治療にまで影響してくるとは大変なことになってきた。

紹介状を受け取り、重い足取りで帰宅する。

 紹介されたのは大病院であった。

「歯科・口腔外科」なんて聞いたこともない。ゆうつだなぁ~。