健康は宝なり。

健康や疾病等の情報、ニュース、話題や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

看護婦さんは天使? 入院3日目 最低血糖値116mg/dl~最高血糖値211mg/dlと大幅な改善 糖尿病治療は第一に食事療法也

入院3日目 体重73.3kg
治療薬としては以前と同じアジルバ20mgとテネリア錠20mgである。
 
■3日目の血糖値・血圧・体温測定結果

6時30分       169 mg/dl  血圧は118/87mm/Hg 体温36.0度
9時43分              血圧は115/80mm/Hg 体温36.2度  
11時45分   159 mg/dl            体温35.9度 
17時30分   116 mg/dl

21時00分   211 mg/dl

 

■2日目の血糖値・血圧・体温測定結果

6時26分       185 mg/dl  血圧は126/84mm/Hg 体温36.5度

9時15分       325 mg/dl  血圧は130/92mm/Hg 体温36.2度  

11時33分   244 mg/dl

17時45分   165 mg/dl

19時23分        血圧は127/83mm/Hg 体温36.3度  

21時00分   274 mg/dl

2日目の結果が17時45分の最低血糖値165mg/dl~9時15分の最高血糖値325mg/dl

であったのに対し、3日日目の結果17時30分の最低血糖値116mg/dl~21時00分の最高血糖値211mg/dlと大幅な改善となっている。

 

治療薬としては以前と同じアジルバ20mgとテネリア錠20mgである。変わったことといえば食事が病院食で1600kcal、間食一切なし。

 

家にいると誰もブレーキをかけないので3度の食事以外にも間食のし放題であった。

好きなものを、好きなだけ、好きな時に食べていれば糖尿病が悪化することは間違いない。空腹感はあるが、しばらくは素直に医者の指示に従うことにした。

 

入院2日目の体重が73.7kgに対して入院3日目の体重は73.3kgとわずか400gしか減っていない。僅か1600kcalしか食べてないというのに微減である。不思議な現象である。

 

糖尿病の治療の優先順位は①食事療法②運動療法③薬事療法であると思う。

ならば空腹感はあっても治療だと思って我慢し、一日も早い回復のため努力したい。

 

心なしか体のだるさをほとんど感じなくなった。

看護婦・看護師・ナースさんが「体調はいかがですか」と聞くので「絶好調まではいかないけど快調です」と答えた。

看護婦・看護師・ナースさんが天使に見えてくるのは私だけであろうか。

 

糖尿病治療のキーポイントは食事療法にあり。