健康は宝なり。

健康や疾病等の情報、ニュース、話題や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク


酷暑でも「疲れない体」に変わる!3大秘訣とは? 葛西 紀明(スキージャンプ選手)さんに学ぶ

☆彡酷暑でも「疲れない体」に変わる!3大秘訣とは

35年間「企業秘密」にしてきた「疲れない体」と「折れない心」のつくり方を余すことなく1冊にまとめた『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』の著者でもある葛西選手が、今までの経験をもとに「酷暑でも疲れない体」のつくり方を解説する。


■酷暑だからこそ「疲れない体」をつくる

 「暑くて何もしたくない」「汗をかくからできるだけ動きたくない」

 猛暑日が続く今年の夏は、こんな気持ちのビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。たしかに暑すぎると、それだけで体力も気力も奪われていく感じがしますよね。

 しかし、そのまま「暑さのせい」にして体を動かさないでいるのは、体にとっていいことではありません。汗をかかないように、疲れないようにと動かずにいる行動こそ、じつは「疲れやすい体」をつくってしまっているのです。 
 だから、こんな酷暑だからこそ、私(作者=葛西 紀明)は「疲れない体」をつくるために動くことをおすすめしたいと思います。

 そこで、私が日々実践している「疲れない体」をつくるメソッドの中から、できるだけ体への負担が少なく、室内で汗をかかずにできるものや、いまからすぐに実行できるものを選んでみました。

 では、私が実践している「酷暑でもできる『疲れない体』をつくる3つの秘訣」を紹介しましょう。

 まずは、暑い夏こそ「体幹を鍛える」をおすすめします。
■「代謝を上げる食べ物」で体を冷やさない

 【1】「暑い夏」こそ「体幹」を鍛える

 酷暑が続くと、つい室内で過ごす時間が増え、そのときの姿勢もダラダラしたような体勢になってしまいがちです。

 力が抜けたような体勢なので「ラクだ」と思いがちですが、「ラクな体勢」は体にとっては必ずしも「正しい体勢」とは言えません。肩や足腰に余計な負荷がかかり、かえって「疲れやすい体」をつくることになりがちなのです。

 スキージャンプはストックを使わずスキー板のみで行うので、体幹の安定によるバランスがとても重要です。そのため、私は「体幹トレーニング」を積極的に行っています。体幹を鍛えていることで代謝も上がるようになり、体も疲れにくくなりました。


私が実践している「寝る前3分間の体幹トレーニング」(40代でも「姿勢」は良くなる、寝る前3分改善法)は寝る前の3分間でできる、簡単な「体幹トレーニング」です。

 汗をかくことなく体幹を鍛えることができますので、体勢がよくなって代謝もどんどん上がります。今年のような「酷暑」もきっと乗り切れると思います。

 【2】代謝を上げる食べ物で夏バテ解消! 

 暑いと冷たい食べ物を食べる機会が多いので、体を冷やしがちですよね。
 しかし、これでは代謝が下がってしまい、「疲れやすい体」になってしまいます。こんなときこそ、できるだけ「代謝を上げる」食べ物を意識してとるようにしましょう。

 「代謝を上げる」食べ物は、「体を冷やさない」「脂肪を燃焼しやすくする」「筋肉の働きをよくする」などの食べ物のことです。

 「アミノ酸」「ビタミンB群」「カリウム」「ヨウ素」などを多く含んだ食べ物ですが、私が意識して特に取り入れているのが、下記の食品です。
代謝を上げる食品の例】
・「アミノ酸」が多い……卵、レバー、牛乳、チーズ など
・「ビタミンB群」が多い……豚肉、うなぎ、青魚、玄米、納豆 など
・「カリウム」が多い……納豆、みそ、豆腐 など
・「ヨウ素」が多い……コンブ、ワカメ、ハマグリ、青魚 など
・「体を温める」……トウガラシ、生姜、長ねぎ、カボチャ など
 「代謝を上げる食品」をうまく取り入れることで、暑くても「疲れない体づくり」をサポートしてくれるはずです。
 暑いときは、激しい運動はできるだけ避けるのが大切です。ですので、無理に「筋トレ」をするのではなく、その分、「ストレッチ」に時間を割いてください。

 【3】「ハムストリング」をほぐすストレッチ

 (1)座った状態で両足を伸ばす

 (2)背中を丸めない状態で、両手で足のつま先をつかみ、60秒キープ(つま先がつかめないときは膝を曲げてもOK)

■暑いからこそ「体に負担の少ない方法」が大切

 無理をしない程度で下半身をほぐしてあげることは、「疲れない体」をつくるうえで大切なことです。下半身の筋力が固まってしまうと、代謝の低下を招くおそれもあり、その結果「疲れやすい体」になってしまうからです。
 「葛西式下半身ストレッチ」は体に負荷がかからないように下半身をほぐすことができます。室内の狭いスペースでも十分にできますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

以上は葛西 紀明著『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』より 一部抜粋&加筆

 

★葛西 紀明(かさい のりあき、1972年6月6日 - )は、日本、北海道上川郡下川町出身のスキージャンプ選手。東海大四高校から地崎工業(現岩田地崎建設)、マイカル(現イオン)を経て現在は土屋ホーム選手兼任監督として所属。2005年度日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーンのシンボルアスリート制度適用選手。血液型AB型。

16歳時の1988年より日本代表として国際大会に出場し、1992年のアルベールビルオリンピックに19歳で初出場。以来、リレハンメル、長野、ソルトレイクシティトリノバンクーバー、ソチ、平昌と史上最多計8回の冬季オリンピックに出場。 2001年下川町町民栄誉賞受賞。2016年ホルメンコーレン・メダル受賞。
スキージャンプの選手としては異例ともいえる20年以上のキャリアを持つ。

 

受賞歴
下川町町民栄誉賞(2001年)
JOCスポーツ賞 特別功労賞(2013年)
日本メガネベストドレッサー賞 スポーツ界部門(2014年10月)
アンチエイジング大賞2014 特別賞(2014年11月)[55]
第64回日本スポーツ賞 オリンピック特別賞(2015年1月)
ホルメンコーレン・メダル(2016年2月)
第18回ビートたけしのエンタテインメント賞 功労賞(2018年1月)

単著
『家族で獲った銀メダル』 光文社、2014年7月。ISBN 978-4334977863。
『夢は、努力でかなえる。』 実業之日本社、2014年10月。ISBN 978-4408215297。
葛西紀明のレジェンド・ストレッチ: 下半身を柔らかくすれば10歳若返る』 小学館、2017年3月。ISBN 978-4091042194。
『向かい風がいちばんいい』 河出書房新社、2017年12月。ISBN 978-4309279060。
『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』 東洋経済新報社、2017年12月。ISBN 978-4492046210。 

 

『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』内容紹介

【遂に出た! 45歳で「人生のピーク」「最高の成果」を出し続ける葛西紀明氏の「究極の全メソッド」が1冊に! 】

【こんな本が欲しかった! 読めば、「疲れない体」と「折れない心」がいっきに手に入る! 体がラクになる! 心も強くなる! 】

【これなら私もできる! 誰でも今日から実践できる「簡単な30のコツ」に完全体系化! 面白いほど読みやすい! 】

【この1冊だけで、「体」と「心」、そして「人生」が劇的に変わる! 】



★なぜ葛西氏は、45歳になって「人生のピーク」を今迎えられているのか?

★30歳で引退する人が多い中、「W杯最年長優勝記録」「史上最多の7回の冬季五輪出場」はなぜ可能なのか?

★何を食べ、どう運動し、どう休息しているのか?

★「疲労をためない」「老いない」秘訣は何なのか?

★「心がくたびれない」「ストレスをためない」秘訣はどこにあるのか?

★本番で「失敗しない」「緊張しない」とっておきの秘訣とは?




【本書の5大特徴】

【1】「体と心の両方」を強くする全メソッドを1冊に凝縮

■体だけじゃない! 心だけでもない! 「体と心の両方が強くなる秘訣」が1冊ですべてわかる!

【2】「30のコツ」にまとめているので、驚くほどわかりやすい!

■普通の人でもできる「簡単な方法」を解説! だから誰でも今日からできる!

【3】ズボラでも初心者でも大丈夫!「本当にいちばんやさしい方法」を紹介

■「寝る前3分できる」「下半身だけ鍛える」「ストレッチだけでOK!」忙しい人でも無理なくできるものを厳選して紹介!

【4】「イラスト満載」「図表も豊富」で、とにかく読みやすい!

■「最後までいっきに読めた」「運動したくなった」「姿勢がよくなった」読んだ人から賞賛の声、続々!

【5】ホントは秘密にしていたかった「勝つための呼吸法」まで完全初公開

■最後の最後まで公開をためらった、最強の呼吸法「レジェンド・ブレス」を本書でついに初公開! この呼吸法で、本番前に緊張が嘘みたいに消える!
スポンサーリンク