健康は宝なり。

健康や疾病等の情報、ニュース、話題や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク


2017年、名医100人が教える風邪予防&対処法とは?  TV「林修の今でしょ!講座」より

2017年11月21日(火)にテレビ朝日系列で放送された「林修今でしょ!講座」は名医100人が教える風邪予防&対処法という内容でした。

 

風邪予防&対処法のベスト5(TOP5)が紹介されていた。

①風邪予防ベスト5
1-手と顔も洗う。

外気と接している面を洗うことによってウイルスを除去できる。

 

2-緑茶でうがいをする。

風邪を引くと、のどに菌がつき炎症を起こしてしまうことがあります。そんな時に緑茶でうがいをすると、患部を消毒して治す効果が期待できます。
緑茶にはカテキンという殺菌作用のある成分が含まれており、新たなウィルスや細菌を侵入しにくくするそうです。


3-豚肉の生姜焼きを食べる。

●しょうが
しょうがには強い抗菌、消臭作用があり、人の体内でも抗酸化作用を発揮します。
血行を良くして体を温め、発汗し、老廃物を排出、そして免疫力を高める強い作用があります。
もちろん、脳の血行をも良くしてくれますよ。
「しょうがの香り」成分には、食欲増進・健胃・解毒・消炎作用の働きを持つシネオールが含まれています。
この香り成分は、細胞の老化を強力に防ぎ、認知症などのような脳神経が衰える病気の予防に効果的であるということが分かっています。

●豚肉
豚肉には体の疲労回復に役立つビタミンB1がたっぷり含まれます。
疲れた・・・と感じるときは、体もですが脳も疲れています。
たっぷり食べて疲れを吹き飛ばしてください。
ビタミンB1は、脳の神経線維を保って神経伝達をスムーズにしますし、脳の成長に必要なビタミンB2も含まれます。


4-マスクをして寝る。

 

(PM2.5対応)フィッティ 7DAYSマスクEX ふつうサイズ ホワイト 60枚入

(PM2.5対応)フィッティ 7DAYSマスクEX ふつうサイズ ホワイト 60枚入

 

 

鼻とのどを潤す効果有。濡れタオル一枚干してもよい。


5-風邪のワクチンを体内に作る。風邪をひくことを楽しむ。

風邪を治す薬はないが免疫力を体内に作る。(早期発見し、早期治癒がポイント)

一般人には至難の業である。

 

➁対処法(治療法)ベスト5
1-20分間のウォーキングをして体を温めすぐに寝る。体の細胞を活性化させる。風邪を楽しむ。


2-風邪の引き初めに、体格に合わせた漢方薬を早く飲む。


3-おかゆに青ネギをいれて食べる。


4-ハッカ飴を舐めながら入浴する。


5-温めたバナナを食べる。ホットヨーグルトと一緒だと効果倍増する。

 

※雑感

◆「風邪のワクチンを体内に作る。風邪をひくことを楽しむ」。

風邪ひいたら楽しむなんて思いもしない。体内にワクチンを自ら作るのも医者的発想で、素人には困難ではなかろうか。

 

◆20分間のウォーキングは普段でも体力を使うのに、風邪をひいたとき体力もないのにどうしてウォーキングできるのか理解に苦しむ。途中でダウンしそうである。

救急車呼ぶようになる。寝てたほうがよかろうと思う。

 

漢方はどれがいいのかわからないので薬局で薬剤師、またはドクターに聞くしかない。

スポンサーリンク