健康は宝なり。

健康や疾病等の情報、ニュース、話題や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

5月31日は『世界禁煙デー (World No-Tobacco Day)』 健康第一タバコは止めよう

5月31日は『世界禁煙デー (World No-Tobacco Day)』 :
国際デーの一つです。

喫煙が原因とみられるガンや心臓病等で毎年多くの人々が亡くなっていることから国連の「世界保健機関(WHO)」が、世界人類の健康の為に禁煙を推進しようと1989(平成元)年に制定。


※毎年、世界で300万人が、喫煙が原因とみられる「がん」や「心臓病」で亡くなっており、このままでは2030年代初頭には喫煙による死亡者が年間1千万人に達すると「世界保健機関」は警告しています。
また、喫煙者の副流煙による健康被害も問題になっています。
 ※関連記念日
・毎月22日 「禁煙の日」
2010年(平成22年)2月22日、禁煙推進学術ネットワークでは、スワンスワン(吸わん吸わん)で禁煙を!をスローガンに、毎月22日を「禁煙の日」として、日本記念日協会に登録しました。
日本循環器学会をはじめとした17の医科歯科系学会(2012年1月現在)が参加する禁煙推進学術ネットワークは、「毎月22日は“禁煙の日”。スワンスワン(吸わん吸わん)で禁煙を!」をスローガンに、毎月22日を「禁煙の日」に制定し活動をしている。
・禁煙週間 5月31日~6月6日
嫌煙運動の日 2月18日
 
 
☆彡喫煙は百害あって一利なし
 
 タバコの葉を燃焼させて生じるタバコ煙にはニコチンに加え、一酸化炭素をはじめとする7000種類以上の物質が含まれているが、これらはタバコの葉からのほか、タバコ製品を作る際に加えられる様々な化学添加物の揮発物質や熱分解産物にも起因する)。
タバコ煙は気道から肺の表面にいたる広範囲に沈着する微細な粒子相と、気相からなる。タバコの煙に含まれる成分のうち,有害物質として認定されているものは数百種類に上り,そのうち約70種類が発がん物質である。その中には猛毒のシアン化水素や,ダイオキシンなども含まれるが,なかでも健康有害性が大きいのがタール,ニコチンと一酸化炭素,そして各種刺激物質である。
なおニコチンや水分を除去した粒子相をタールと総称するが、タバコ煙の発がん性の大部分は、発がん物質を含む気体となった粒子相による。気相には、タバコ煙の顕著な臭いのもととなっている揮発性物質のほか、一酸化炭素、気道刺激物質が含まれている。
喫煙はお金を出して毒を体に取り入れているのです。
喫煙には精神安定剤的要素があるという人がいますが、間違いなのです。タバコを吸うと心が落ち着くというのはすでにタバコ中毒に陥っているのです。
故に喫煙は今日限りでやめましょう。
喫煙は、世界保健機関(WHO)も指摘しているように、予防可能な単一で最大の「病気( 喫煙関連疾患)の原因」です。喫煙は、肺がんを含む多くのがん、心筋梗塞などの循環器疾患、慢性閉塞性肺疾患COPD)などの呼吸器疾患、消化器疾患、歯周疾患、胎児の成長障害を含む周産期合併症、周術期合併症、その他さまざまな病気や健康障害の原因となっています。しかし、禁煙することによって、これらの疾患や死亡を確実にかつ劇的に減らすことができるのです。
日本人の死亡原因となるリスク要因の影響の大きさを調べた研究によると、喫煙による超過死亡数は年間約13万人で、日本人の死亡原因として最大の原因であることが確認されました(図1)。また、別の研究において、受動喫煙による超過死亡数は年間6,800人と推計されています。
わが国の喫煙率は年々減っているとはいえ、2012年度には20.7%(男性34.1%、女性9.0%)と、国際的にみて男性の喫煙率が今なお高い現状にあり、喫煙人口は約2,200万人にものぼります。
 
※経験者は語る
私も若かりし頃は1日40本ほど喫煙していました。
ある日風邪をひきなかなか治らないので医者に行ったところ、「タバコをやめればすぐに良くなります」。と言われました。2,3日禁煙したところピタッと風邪の咳、痰などが収まりました。その時鬼妻さんにも言われました。「パパはいつ死んでもらってもいいんですが、子供たちが不健康になるのは困りますよ」。
と言われてギクッ!
その時以来きっぱりと自分の健康のため、ひいては子供たちの健康のためにタバコを止めました。
今ではタバコの煙は大の苦手になり、喫煙者を敬遠するようになりました。
一件落着、目出度、しめでたし。