健康は宝なり。

健康や疾病等の情報、ニュース、話題や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

5月17日は高血圧の日 「タマネギ、ほうれんそう、じゃがいも、バナナ、グレープフルーツ、リンゴ」を食べよう!

5月17日は高血圧の日です。
●『高血圧の日・世界高血圧デー(World Hypertension Day)』 :
特定非営利活動法人「日本高血圧学会」と「日本高血圧協会」が、高血圧の予防等の啓蒙活動を目的に制定。


日付は、「世界高血圧連盟」が定めた「世界高血圧デー(World Hypertension Day)」に准じています。
「世界高血圧デー」の活動は、2005(平成17)年に開始され、当時事務局のアメリカで制定されている「高血圧啓蒙月間」が5月である事等からこの日となっています。
 
正常血圧は年齢にもよりますが一般的目安として「130/80mmHg」未満と覚えておきましょう。

☆彡オマケの付録
※高血圧になる原因?。
塩分の取りすぎ、ストレスや過労、加齢による血管の柔軟性の喪失、
 
肥満によっても血圧上昇のホルモンが出されることにより高血圧になることがあります。
 
※血圧を下げる効果のある食べ物は?
血圧を下げる効果のある代表的な食品にはタマネギ、ほうれんそう、じゃがいも、バナナ、グレープフルーツ、リンゴなどがあります。
またお酢にも血圧を下げる効果があると言われています。
 
昔から血圧が高めの方に勧められてきた食品にタマネギがあります。
タマネギは「血液サラサラ効果」などと言われ、粘っこい血液をサラサラにしてスムーズに血管内を流れるようにしてくれます。
血液がスムーズに流れれば余計な圧力が血管にかかることがなくなり、血圧は下がります。
 
またホウレンソウやじゃがいも、バナナはカリウムを多く含んでおり、
これらは血圧上昇の原因になる塩分の排出効果があるので、血圧を下げる効果があります。
 


 
※成人の一日の必要摂取カロリーを計算する2大方法
①標準体重から計算する方法
必要摂取カロリーを算出するためにまず自分の標準体重を計算します。
計算式は『身長(m)x身長(m)x22(定数)』です。
例えば
身長が165cmなら標準体重は
1.65 x 1.65 x 22 = 59.895
で約60kgになります。
そこで一日に必要な摂取カロリーは
体重に25~30を掛けた数字になります。
60kg x 25 =1500(kcal)
60kg x 30 =1800(kcal)
必要摂取カロリーは一日あたり1450~1740kcalとなります。
 
②目標体重から計算する方法
目標体重で一日の必要摂取カロリーを計算するには
目標体重に25~30を掛けた数字になります。
例えば
目標体重が55kgなら
55kg x 25 =1375(kcal)
55kg x 30 =1650(kcal)
目標体重に対しての必要摂取カロリーは一日あたり1375~1650kcalとなります。