健康は宝なり。

健康や疾病等の情報、ニュース、話題や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

血糖値227mg/dl HbA1c は11.6%と糖尿病が悪化し、専門医を紹介される サジを投げられた?

先日、美しい女医さんに血糖値217mg/dl、HbA1c・ヘモグロビンA1c 9.9%で「立派な糖尿病です」。と言われ、

 

治療薬としてアジルバ20mgとテネリア20mgを飲み始めて、約二か月後、再びかかりつけの医者に行きました。

 

採血し、血液検査の結果が出ました。

 

血糖値227mg/dl、HbA1c・ヘモグロビンA1c は11.6%で前回よりも悪い数値でした。

(前回は血糖値217mg/dl ヘモグロビンA1c 9.9%)

血圧の数値も悪く、前回の158/91(mmHg)に対して、今回の血圧は 152/97(mmHg)でした。少しも改善されてない。

 

女医さんがすかさず言いました。「糖尿病の専門医を紹介しますので近日中に受診してください」。『そんなに悪いんですか』。と恐る恐る聞くと、「非常に悪いですね。治療薬を飲んでもHbA1cヘモグロビン・エイワンシー)が10%を超えています。当院では治療の域を超えています。紹介状を書きますので専門医の先生に渡してください」と言われた。『わかりました』。と言って帰宅する。

 

我ながら少しは注意して食事をしたつもりが甘かったのです。治療として薬を貰っているので3度の食事に好きなスイーツを満足するまで食べて、散歩も怠っていましたから。

症状に何の変化も現れなかったので大丈夫と高をくくっていたのです

でも考えてみると体は少しだるく感じます。夏バテだとばかり思っていました。

 

仕方がない、身から出た錆だと思い専門医のいる大病院に行く決心をしました。